Posted by at

2010年04月05日

鍼灸&リフレ&アロマ

http://www.im-village.com/care/therapy/


こんな風にもっともっと、医療の現場に取り入れられたらいいのに。

ただサロンをやってるより、「お医者さんがすすめる」ってほうが、みんな試してみようって思うんだろうな。

産婦人科なんかには、かなり取り入れられだしてるけど。
でも、少しづつでもこういう病院が増えたらいいな。  


Posted by rakuru at 18:02Comments(2)治療院のこと

2010年03月30日

新人さん♪

ノラさんが旅立ってから、殺風景だった玄関に、新人さんがやってきました!!

待合のソファーさんicon12

組み立て式なんでバラバラで届きました。






























営業終わって、30分かかりました。
重かった・・・。
大きかった・・・。
頑張って組み立てましたicon22

 





























うん、いい感じ。

・・・ていうか、この線が解除できんface07

またやる気をなくさせる、こいつめicon08


 




























あれ?!線が消えた!!
なんなんだ、こいつはicon196・・・って私がこのブログを使いこなせてないだけなんやけどさー。


本文に戻りましょう(笑)

何が一番大変だったかって、この巨大なダンボールを片付けること・・・。
コンパクトにして、ゴミ袋に入れて、出しましたよこの日がゴミの日だったので。

もう一個、新人さんが来る予定です。

お楽しみにicon64  
タグ :ソファー


Posted by rakuru at 13:34Comments(4)治療院のこと

2010年03月05日

お部屋

やっと更新・・・。

で、私の使ってるお部屋のご案内を・・・と思って携帯から写メを送ったら・・・。
サイズ調整と上手くアップできずに、一人イライラ・・・。

なんとか出来たのが、このアロマランプ一枚orzface07
使いこなせない自分がせつない・・・。



まあ、今日はこの一枚でなんとなーく『癒し』のイメージを持っていただければいいかとface16

早くマメに更新できるように、このブログを使いこなさねばicon16
  

Posted by rakuru at 19:15Comments(2)治療院のこと

2009年03月28日

プロフェッショナルって。

WBCで優勝した侍ジャパンの記者会見で、
イチローが
「安易にリーダーが必要と、人はいいますが、このチームにリーダーの必要はありませんでした。」
といっていました。

実際、ベテランも若手もそれぞれの役割をのびのびとこなし、
大会を楽しんでいるかのように見えました。
組織としては理想形ですね。

それぞれプロ意識のある人が集まれば、リーダーの必要はないんだな。
では、プロってなんだろうって考えました。

プロフェッショナルな人っていうのは常に準備を怠らず、
自分の持ち場で、自分の実力を100%出し切れる人だと思います。

そういう人を目の当たりにすると、私は「プロだな~」と惚れ惚れします。

でも、それだけじゃないと思います。
誰が欠けてもいけないバランスを知っていて、同僚やチームに信頼を寄せている気持ちが
プロの最低条件のような気がします。

実力があることをいいことに、チームメイトを信頼せず、
いいたい放題、わがまま放題では、
結局バラバラになってチームの気持ちもまとまらない。

お互いが言いたいことをいって高めあっていけるというのは
根本に相手への敬意が感じられないと伝わらないと思います。

イチロー然り、本物のプロはそこを知っているんだろうと思いました。

izumi.は現在、院長と私の二人でやっていますが、
それぞれの個性を尊重しあい、すごくいい状態で仕事をさせてもらっています。

お互い
「もっと、鍼灸のよさを多くの人にわかってもらいたい」
という気持ちでやっている。

くさい言い方ですが、そんな純粋な野心とお互いの実力の敬意で
izumi.は今のところ成り立っているようです。







  

Posted by rakuru at 13:55Comments(16)治療院のこと

2009年02月03日

こないだ彼が来てた理由。

先日、たびたび『魔法の看板屋』のロンベルクさんが、
仕事で治療院に来ておりましたが、
理由は、偶然にも治療院の下の階に先月オープンした歯医者さんも
看板はロンベルクさんに依頼されていて、

それなら、ビルの集合看板も、ロンベルクさんでお願いします、という依頼がきたそうなんですな。

よっ!景気いいねえ!

ちなみに写真の手前に見える水色のA型看板が、以前、ロンベルクさんに作ってもらったizumi.の看板です。

そして、本邦初公開、

派手なワゴンと噂の

『魔法の看板屋』さんの車です!!


通りすがりの子供達に指差されて笑われるとか(笑)。


でも、宣伝になっている証拠だ、と彼は自負しております。

すごい『商人魂』だ~。

商売とか、営業とかにてんで素人な私は彼の熱い話は色々勉強になります。

これが出来上がった、ビルの集合看板です。

綺麗に作ってくれてありがとうねicon64

izumi.の下にある黒・ピンクの看板は先ほど言っていた歯医者さんの看板。

「神村 昭悟 デンタルクリニック」さんです。

ジョン・カビラに似てるとても優しそうな先生です。

『東洋治療院izumi.』
国体道路沿い、1階に天ぷらの『だるま』さんが入っている坂田ビル3階です。

この看板を目印にお越しください(笑)。  


Posted by rakuru at 14:23Comments(12)治療院のこと

2009年01月19日

静寂をご提供。

みなさん、こんにちは。

治療院の名前を出したブログにも関わらず、
私のプライベートネタとか、しょーもないネタばかりで
院長に申し訳ないな~と時々反省しているノラです。・・・ほんと、ほんとface02

ところで、こんな能天気なブログを書いていますが、
実は意外と私、静寂を好むところもありまして。

日曜日や夜中、自分の時間が出来たら、
ほとんど間違いなく家で音楽聴きながら本を読むか、映画を見るかどちらかを選択します。

はい、私「文化系乙女」なんですのっ!

しかし、家では、静かな音楽を好む私と、

「ハードロック、パンクじゃねえと頭が働かねえぜ!」

という旦那でもめます。
で、ときどき子供が隙をねらって童謡のCDを掛けてきます。
だから結局もめもめで、気が休まらないんですけど。

そんな私なので
治療院ではほぼクラッシクを流してます。

年末から男性歌手にハマっているんですが
これまたいいんです~。

で、結局私は今日、何が言いたかったかと申しますと、
ブログではこんなんですが、治療院は静かな空間を提供してますので

皆様、ご安心下さいませ

というお話でした。


  


Posted by rakuru at 16:18Comments(10)治療院のこと

2008年12月22日

においフェチ

今日は朝から気分がいいとです。

なぜなら今朝、保育園へ子供を送りに行った時に、先生とペチャクチャ立ち話。
盛り上がって、ゲラゲラ大爆笑で、朝したばかりの化粧が落ちるぐらい涙を流して笑ってしまいました。

あー、笑うっていいですね。
幸せな気分になります。

幸せな気分にさせてくれるものは、多々あります。
音楽だったりアートだったり。
香りもそうではないでしょうか?

私は結構『においフェチ』なので

治療院で焚くアロマオイルや、
タオル類の洗剤・柔軟剤は個人的に好きな香りのものを使用しています。

アロマオイルは、以前ブログにも書いたのですが
純粋な『アロマオイル』はしばらく飽きているところなので、
今は『フレグランスオイル』を使ってます。


それから洗剤・柔軟剤は
“今、おしゃれセレブやモデルに人気の”
(このフレーズって昔で言うスッチー御用達みたいなもの?)

『Downy』(ダウニー)を使ってますicon06

これ、アメリカ~ンな香りでいいにおいです~icon64
おすすめ商品です!


若干、押し付けな感じもありますが、患者さんに五感でリラックスしていただきたいと思ってます。
是非、においを嗅ぎに来てみてくださいね(笑)。  


Posted by rakuru at 13:50Comments(5)治療院のこと

2008年12月05日

かっこよくなりました。

1ヶ月前くらいから院長と
「治療院とか、美容室とかにあるウォーターサーバー、うちにも欲しいね~」
「あれ、カッコイイもんね~」
「でも、最近はレンタルサーバー代って取られるらしいから、無料のところがあるといいんだけど。」
「いまどき、ないか~。はあ~。」
と話していたら、数日前に
「ウォーターサーバー置きませんか?サーバー代は無料です。」
とお水の会社の営業の人が治療院にきました♪

「うわー!待ってました~!」
じゃーん!
待合室のところに置いてあるので、もちろん患者さんに飲んでいただきたいです。

院長も私も形から入るタイプなので、
ウォーターサーバーを囲んで二人して
「超ーかっこいいー!!」とキャアキャア喜んでおりました。

その上、その営業さん、なんだか吉本新喜劇風で佇まいにおかしみがあり、
一生懸命、営業トークすればするほど失礼ながら笑ってしまっていたのにも関わらず、

「僕、こう見えて大阪出身なんですけど~」
「はい、ばればれです。」
(なんて失礼な応答!)
「大阪から転勤で福岡に来たばかりで、ずっと鍼灸マッサージ院を探してました。
治療に来ていいですか?」

おうおう、もちろんさあ~。
ついてるなあ、最近。





  
タグ :鍼灸院大名


Posted by rakuru at 14:16Comments(5)治療院のこと

2008年12月03日

人間らしい過ごし方

一昨日の新聞を読んでいたら・・・

10:31 ウォーキング
13:30 散髪
17:40 本屋で買い物
18:18 お寿司屋で家族と夕食
20:23 自宅へ

普通のお父さんの日曜日じゃん、と笑ってしまいました。

首相とはいえ、普通の人間ですものね。
休息が必要です。

古代の人は、よく一週間を作って、7日目を安息日と考えたものだなあと、
特に仕事をしてから思うようになりました。

平日はいつも決まった時間に起床し、仕事をこなし、決まった時間に就寝し、
7日目に休息を取り、自分の心と体を休ませる。

これを毎日たんたんとこなすことがホントは体にとって一番よい過ごし方なんだと思います。
しかし、現代社会はそうはいかないですよね。

時間に追われ、片付かない仕事に追われ、「忙しい」という漢字の通り、
こころを無くした状態で働いている方が多いです。

都会こそ、鍼灸マッサージを必要としている人が多いんではないかな、
私たちが治療院をあえて福岡の中心に開いた理由はそれです。

体が悲鳴をあげている、そう感じたら是非、生活の中に東洋医学をうまく利用してみてくださいface01

最初、笑い話のつもりが、最後は熱くなってしまった・・。
いつもの悪い癖。


  

Posted by rakuru at 14:04Comments(2)治療院のこと

2008年11月27日

デコレーション模索中。

アドベント(クリスマスまでの40日間)に入りましたね。

私はクリスチャンではないんですが、中学から短大までミッション系の学校に行っていたのでこの季節は、ワクワクと厳かな気持ちでテンションあがります。

で、治療院もクリスマスデコレーションをちょっとずつ、していこうかと思いまして飾ってみました。

あれ?ないじゃん。どこにあるの?
ここですよ~。ズームアップ!

うわっ、ちっちぇ!
と思ったでしょ!!

でも、かわいいの~。かわいくない?かわいくない?

これを皮切りにズンズンとデコレーションが増えていくでしょう。

あれもこれも飾りすぎて、治療院が“ドンキホーテ”状態になってしまったら誰か止めてください。

ところで、もともと治療院の受付に飾っている黄色い鳥のオブジェ。
福岡在住の陶芸作家、鹿児島睦さんの作品です。

2年前に薬院の「BBBポッターズ」でご本人から購入させていただきましたicon64

かれこれ10年前、私がまだ独身で東京の実家に住んでた頃、
当時コンランショップ福岡の店長さんをされていた鹿児島さんのライフスタイルがインテリア雑誌に掲載されていて、
とてもステキな生活ぶりに
「福岡にはこんなおしゃれな人がいるんだ~」とスクラップしたほどでした。

その頃からひかれ始めていた福岡に、まさか結婚で移り住んで、ここで開業して、あの憧れの鹿児島さんの作品を自分の治療院に飾るとは。

すごい運命を勝手に感じているノラでやんす。
(あ、ストーカー行為などはしませんからご心配なくface06

それから子供の博多弁ってめちゃくちゃ可愛くないですか?
ますます福岡が気に入っている今日この頃です。



  


Posted by rakuru at 12:13Comments(2)治療院のこと

2008年11月12日

ご縁。

むむむ・・・「針の碑」とは。
鍼灸師としては見逃せん。で、パシャ。

治療院があるここ、大名の氏神様は天神にある「警固神社」で、出勤前にお参りに行ったら、神社の横にこんな碑が建っていました。

まあ、ご多分の通り、こちらは和裁士会が建てた「針供養」の碑なんですが。

「大名に治療院を開いたのと、この碑になにかご縁があるのかもお~」
と、すぐにご縁と結び付けたがる私の悪い癖がついつい出てしまいました。

・・・実はこの記事を書くのは3回目で、パソコンの調子が悪くて今朝から2回、記事を書いている途中で消えました。
ホントはもっと長い記事を書いてましたがもう疲れました・・・。

2回消えて、イライラのピークの時、「魔法の看板屋」さんが「ちーっす♪」と仕事の件で来院。
「看板屋」さんの話も半分で私がピーチクパーチク。
「おいら、いつも来るたび、八つ当たりされるんっすけど・・・。」
このかたとはそういうご縁なのかしら(笑)。  

Posted by rakuru at 14:48Comments(3)治療院のこと

2008年10月11日

アロマです。

こんにちは、ノラです。

先日は治療院内をちょこっとだけご紹介しましたが、雰囲気が少しは伝わりましたでしょうか?

前回の記事に『アロマを焚いたり・・・』と書いてましたが、実は10年前にJAAのアロマコーディネーターという資格を取って、当時、勤務していた鍼灸接骨院でアロママッサージをしていたりという過去もあるんです。
なんでも、首をつっこむんですね。
今は、勉強会にたまーに行くぐらいで、もっぱら個人的に楽しむだけなので、皆さんに何か知識を提供できるほどではございません。

治療院では、設備上、アロママッサージはしていないのですが皆さんに五感でリラックスしていただきたいので、アロマを焚いております。

アロマオイルはいわゆる純粋なアロマオイルは、ぶっちゃけ私自身が飽きてしまい(笑)、今はフランスのsenteur et beaute社という香水の会社のフレグランスオイルにハマッていて、それを使用しております。
その中でも「コットンリネン」というオイルが洗いたての洗濯物のような香りでグーです。天神だったらキャトルセゾンさんとか、アクタスさんに置いてあったかと思います。

で、アロマバーナーは電気じゃなくて、火なの。
火を燃やすことで消臭作用も期待しまして。

へんなところにこだわりと押し付けの多い、A型のノラです。
  

Posted by rakuru at 12:06Comments(0)治療院のこと

2008年10月09日

治療院内をご紹介♪

こんにちは、ノラです。
この間は、もったいぶって治療院の外までしか、ご紹介しなくてすみません。

あまりにもったいぶるのも皆さんの精神衛生上よくないだろうし、というか、じらすほどのものでもないので(笑)、今日は治療院内をご紹介します。

一枚目の写真は玄関から入ってすぐの待合室&受付です。
あ、受付でニヤニヤしているのが私です。

ご来院いただいた時に奥で治療中ということもあり、その時は受付におらず奥から「少々お待ち下さ~い!!」と大きな声だけ聞こえることがあるかもしれません。
そんな時はソファにお掛けになってお待ちくださいませ。

で、奥に行くと、2枚目の写真の治療室になります。半個室になっていて、ベッドが3台あります。
ここで、マッサージやら、鍼やら、お灸やら、トークやらが行われます。んっ?

クラシックやヒーリングミュージックを流して、アロマを焚いて皆さんにリラックスしていただけるような環境作りを心掛けてます。
日々の労働や生活で疲れたら是非、足をお運び下さいませ。

・・・今日の画像、いつもよりきれいでしょ?初めてデジカメの画像を取り込んでみました(笑)。やっぱり、治療院内の画像はきれいなほうがいいかなと思いまして。
デジタルオンチな私には朝から悪戦苦闘でした~。
今日の仕事、これにて終了な気分です。

  

Posted by rakuru at 12:22Comments(0)治療院のこと

2008年10月02日

治療院をご案内♪



















今日は全国的に秋晴れなんでしょうね♪。
こちら福岡も快晴で、つい外の風景を撮りたくなったので、この機会に画像を撮って治療院の場所をご紹介します。

右の画像は治療院が入っているビルを撮りました。福岡では有名な(?)国体道路という道路沿いにある坂田ビルです。
一階にはこれまた福岡では有名な「天ぷらのだるま」さんがあります。
これを聞くと、博多っ子のかたには
「あ〜!わかった!あそこかあ〜。」と場所がわかるかもしれません。
で、そのビルの3階にizumi.があります。
ビルの入り口に、水色の看板があるでしょ?これがウチの看板です。
このブログの「お気に入り」に入ってる「魔法の看板屋」さんに作ってもらいました。院長と大学時代からのお友達で、このかたも私達と同じく熱くて熱くて・・・。
やっぱり類は友ってやつね。
で、エレベーターで上がるとすぐに治療院の入り口です。日が入らなくてちょっと暗いので私の笑顔で色を添えてみました。なんてね、がはははは・・・。
この画像は今、来られた患者さんに図々しく撮っていただきました。

はい、今日はここまで〜。
治療院内はまた今度ご紹介します。
  

Posted by rakuru at 14:21Comments(2)治療院のこと

2008年09月27日

失敗を繰り返し・・・。

今日はノラの心のつぶやきみたいなものなので、文語体で失礼します。

初めて鍼治療を受ける人に針をすると、「あれ?針って痛くないんですね。これなら大丈夫です。」とか、
いろいろなところで針を受けているという人に針をすると、「先生は優しい針をするんですね。」といわれる。
針を受けなれている人に関しては若干刺激が物足りなさそうな表情。でも、治療後、
「あ、身体が軽い。」とか
「あれ?治療院に来る時まで動かなかったのに少し動くようになりました。」
といって不思議そうに帰られる。

これは、針が凄いというより、人間の身体が凄いんだと思う。
日常生活で起きた筋肉痛や精神的ストレス、内臓の不調などが、体表に痛みやだるさといった形で表れ、その痛みやだるさの部分を、ちょこっと刺激すると楽になり、その原因となったものまで治っていく。
身体は自分の力で治そうとする。

この仕事をしていると、それを目の当たりにし、治療をするたび、人間の身体の偉大さを感じる。
私達、鍼灸マッサージ師の仕事はホントに自己治癒力のお手伝い。
ただ、お手伝いにも加減が大事なのだと思う。

免許とりたての頃は、早く結果を出したい気持ちで刺激を強くしていた。
しかし、いくらいいツボをみつけたとしても過度な刺激(負荷)をかければ身体にダメージを与えてしまう。
その結果、身体の頑丈な患者さんには喜ばれたが、その影で「もう針はいいや。」と離れていった患者さんが多くいた。
私の経験不足と自己満足の押し付けが原因だったのは明らかだった。

それらの失敗や経験があり、患者さんから多くを学ばせてもらい、今の私なりの治療のスタンスが出来上がった。
ツボは丁寧に探し、刺激はほどほどに。
さすがに前よりは少しはマシになってんじゃないかと思うんだけどなあ。
まだまだ発展途上だけど。

この仕事を通して、あきらめないで続けることの大事さを学んだ気がする。
今度は治療院経営。失敗を繰り返しながらも、皆さんに喜ばれる治療院にしていきたい。





  

Posted by rakuru at 12:38Comments(0)治療院のこと

2008年09月25日

院長と私。

プライベートネタばかり書いていて、すっかり院長のことほったらかしでした(笑)。
ネットの世界は恐いって聞くから、このまま院長のことを触れずにいると、
やれ不仲説だの行方不明説だの出てくるかもしれませんicon10
今日は院長をメインに書きます。

院長はブログ開始当初、
「よーし、じゃ僕もブログで自己紹介でもしようかなーicon21。」
と、意気込んでいたのですが、私がブログであまりにノラ・ワールドを展開していたため、
「あのー、僕が入り込む余地ないんですけど・・・。」
とすっかり萎縮させてしまいました。ごめんなさい・・・。

治療院のことからお話させていただくと、
当治療院の鍼灸・マッサージの治療の考え方は『経絡テスト』という考え方がベースになっています。
この『経絡テスト』は福岡大学スポーツ科学部教授の向野義人先生が考案されました。

その『経絡テスト』の研究会の先輩・後輩の関係だったのがウチの旦那と院長だったんです。
だから、院長からみたら私は先輩の奥さんってわけですね。
・・・こうやって聞くと凄く扱いづらそうだな、私って・・・。
院長よりも私のほうが年齢も鍼灸師歴もちょびっとだけ(ホントにちょびっと)上なんだけれど、
臨床家としても人間的にも彼のほうがずーっと上です。これは夫婦共々思っていること。

そんな院長が今年の初めから治療院をオープンしようとしていて、
私は私で、お世話になった盲学校を3月で辞めて自分で開業しようとしているんだけど何からしていいのかわからなくて、
そんな時に院長から旦那に
「奥さんに手伝ってもらえないでしょうか。」
というお話がきたんです。

私にとってはありがたいお話でした。ほら、私、こんなんでしょ(笑)?
一人で開業というのは私以上に周りが心配してましたから(笑)。

で、この二人で開業といういきさつになりました。

私達二人は治療の基本的な考えが一緒なだけでなく、
この仕事に対する熱い気持ちも一緒です。
だから熱い×2で、ついつい治療院内のクーラーを下げすぎてしまいます(そういう理由!?)
そんな時は遠慮なくクレームをface02




  

Posted by rakuru at 11:35Comments(3)治療院のこと

2008年09月18日

「izumi.」の由来。

たびたび治療院名を名乗ると
「izumi.という屋号の由来は?」
と尋ねられることがあります。この間は、飛び込みで来たセールスマンにまできかれました。

私もまるで自己主張の強い女性鍼灸師が、屋号に自分の名前をつけちゃった、みたいに思われたくなかったので、治療院の名刺は「清い泉」をイメージしてもらえるように水色にしてみたのですが・・・。

東洋医学では、人間の体の中に気や血が巡る道があって、その道が身体中を巡っていると考えられています。
その道の所々に関所のようなところがあり、それがいわゆるツボといわれるものです。

ツボには、かなり大事なツボもあれば、あまり治療には使わないツボもあります。
大事なツボの中でも、そのツボから気血が湧き出ている、という結構深い意味のあるツボにはツボの名前に「泉」という漢字がついているんです。

・・・話が長くなりましたが、「izumi.」の由来おわかりいただけましたでしょうか?
決して自分の名前をつけたわけでもなく、子供の名前をつけたわけでもありません。

ちなみに私の名前は「知子」という、年代がばれちゃうような渋い名前です(^_^;)。
  

Posted by rakuru at 14:58Comments(0)治療院のこと

2008年09月16日

軌道修正!

こんにちは。
昨日までの連休で、身も心もデトックスしてまいりましたノラです。
今ならもれなく皆様にいい気をお届けできそうです(笑)。

先日、治療院内の掲示板をみた患者さんが
「おや、9月から保険も使えるんですねえ。こういうことをブログに書けばいいのに。」
と、優しくたしなめて下さいました。

ホントicon59なんのためのブログなんざんしょ!
うっかりノラのプライベートネタで溢れるとこでした。

当治療院のコースは

鍼灸治療(初診料2500円・はりきゅう3500円)
マッサージのみ(20分2000円から60分6000円)
耳つぼダイエット(1回2000円)

となっています。

基本的に保険はご利用できないのですが、はりきゅう治療に限り
福岡市の国民健康保険と後期高齢者の保険がご利用いただけます。

通常の金額だと通院が厳しいけれど、保険を使えばなんとか・・・というかたもいらっしゃるでしょう。
是非、該当の保険に加入のかたはご利用ください。詳しくはスタッフにお問い合わせを。

かといって私たちは長い間患者さんに通院を強要したり、だらだらと治療を続けるつもりはありません。

患者さんが「体調わるくなったなあ。」と思ったときにふらっと来院いただき、体のバランスを整える。
そんなふうにこの治療院を使っていただきたいと思ってます。

さてさて、今回のアドバイスも然り、つくづく患者さんや周りのかたに助けられているなあと思う私。
この感謝の気持ちを仕事を通してお礼できればと思ってます。
・・・と、またなんだか熱い締めくくりになってしまった。すみません、感動屋なものでface13


  

Posted by rakuru at 14:06Comments(0)治療院のこと

2008年09月08日

幸せの黄色い鳥。

こんにちは。だんだん穏やかな季節になってきました。

治療院の受付に黄色い鳥のオブジェが飾られてます。よく患者さんから「この鳥、いいねぇ。治療院にピッタリ。」と褒められますf(^_^)。
この作品は、福岡在住の陶芸作家の鹿児島睦さんというかたの作品です。2年前のクリスマスに薬院にあるB.B.B.ポッターズというお店で鹿児島さんの作品展があり、偶然にもご本人にお会いできて購入しました。

どの作品も温かでユーモラスなところがあり、作品にお人柄が映し出されているなあと思うぐらい、鹿児島さんご自身も穏やかでウィットに富んでいるかたでした。

この治療院もそんな穏やかな空気の治療院にしたいなあと思い、この作品を受付に飾らせていただきました。

あ、ちなみに写真の下のほうに写っているのは息子です。今、歯の生え変わりで前歯がありません。いつもはもうちょっとカワイイ笑顔です(^_^;)。
  

Posted by rakuru at 16:07Comments(0)治療院のこと