2014年03月25日

東洋医学vs.西洋医学



かなり攻撃的な題名ですが…(笑)
この2つの医学には得意分野があります。


東洋医学と西洋医学の違いがよく分からないという方に
分かりやすい例えで言うと
「病気になってしまったものは西洋、病気になる前は東洋」
という考え方がベター

痛み止めなど急を要するものや重症疾患には、
効き目が強く副作用があるものの
直接そこに手が届く西洋医学じゃないと解決できないし


アトピー・喘息・不妊治療などの
長期的に治療しないといけない悩みのほか

足のむくみ・冷え、肌荒れ
体のダルさ、片頭痛
などの未病(まだ病気になってない状態)の段階では

生活習慣や体の癖やバランスを一緒に改善して
からだを全体的にみて根本的な治療をする
東洋医学が向いているということ。


比較するとこんな感じ


東洋と西洋どちらが上ということではなく
症状に応じて自分で決めたら良いと思います。

(題名でvs.とか言っておきながらバチバチ感は
ゼロ…)


ではまた次回♪


同じカテゴリー(東洋医学なこと)の記事画像
腰痛
常識=正解!?
第10回 介護フェスタ
リフレクソロジー
冬のためのツボ講座。
リニューアルン♪
同じカテゴリー(東洋医学なこと)の記事
 腰痛 (2014-03-31 14:47)
 常識=正解!? (2014-03-27 09:12)
 「快眠を誘う あなたに合ったツボ探し」 (2011-07-21 11:26)
 不眠とリフレクソロジー (2011-06-15 18:46)
 不眠 (2011-06-10 09:26)
 「第34回パーキンソン病友の会定期総会」 (2011-05-16 16:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。